ホンダN-VAN

 

 

長い間に渡って活躍したホンダ軽商用バンのアクティバンとバモス。

 

それらの後継車としてデビューしたのが「Nバン」です。

 

乗用では軽貨物車ながらNシリーズの新たな仲間としてデビューしました!

 

 

 

Nバンメニュー

 

 

 

 

N-VANのスタイル

 

N-BOXがベースだが、フロントドアの前のコーナーガラスがなくボディ同色のAピラーが目立ちます。

 

ホイールサイズは12インチなので、14〜15インチのn-box値引きよりも可愛い!と感じるかも知れませんね。

 

 

軽バンモデルとして異色なのは標準デザイン以外に2種類の個性的なエクステリアを用意すること。

 

Nボックスを連想させる「+スタイルFUN」はLEDヘッドライトを備えて「+スタイルCOOL」はメッキグリルやクリアテールなどで、カスタム風のイメージを持つ。

 

全高が1945mmもあるハイルーフを基本にスタイルCOOLはロールーフになるが、っそれでも1850mmのノッポです。

 

これらも貨物登録にはなるが、乗用ユースを想定して装備類は充実しています。

 

本体価格はまったく変わらないため、自分の趣味で選択できる。

 

車体色は標準車に商用車らしい白と銀を設定し、スタイル系モデルは乗用車感覚のピンクやブルーを含めた7色。

 

+スタイルFUNはイエロー、+スタイルCOOLはパープルの専用色を設定する。

 

 

 

 

 

N-VANの特徴

N-VANの最大の特徴は、助手席のダイブダウン機構。

 

運転席を以外のシートは床下に収まる機能性を備えて、ドライバーを1人が最大サイズの荷室を利用できる。

 

後席も左右分割して格納できるために、助手席とその後ろをたたんで長尺物を積み、運転席の後ろのシートに乗員を乗せることも可能。

 

車内に置いた荷物を固定するためのタイダウンフックは助手席周辺に4か所用意し、車内を使いやすいようにアレンジするためのユーティリティナットも28か所も設けています。

 

 

【インパネは専用デザイン】

 

N-VAN インパネ

 

エアコン吹き出し口は運転席左右に丸型を、助手席前に横長のものを配置するのはN-BOXと同じですが、実用性重視の無骨な形状です。

 

ステラリングホイールは全車ホンダセンシングを装備することもあり、N-BOXと同じデザインになります。

 

G以外のCVT車には運転席の左側にアームレストを設けてドライバーの快適性も考慮していますが、その他のシートは格納機能のせいで快適性には劣ります。

 

そのために助手席用シートカバーにクッション性のある厚い生地のものを用意するなど、用途に合わせた細かい調整ができる販売店オプションを数多く揃えます。

 

それらをチョイスし、さらに市販品の流用やDIYした小物などが揃って初めて自分だけの移動基地が完成します。

 

 

N-VANの装備

エンジンやCVTは商用車向けにタフさを増す改良が実施されてノンターボ車のVTECは外されました。

 

特徴的なのはS660用をFF化した6MTをノンターボ車に用意することで、アクティの5MTに比べて100キロ走行時の回転数を1700回転下げています。

 

標準車以外はターボ車も設定し、こちらはCVTのみの設定。

 

スライドドアは手動しかありませんが、フルオートエアコンは全車標準装備。

 

スマートキー+プッシュスターキーも標準車以外にも備えています。

 

 

N-VANのボディカラー

 

Nバンのボディカラーは全10色です。

 

  • クリスタルブラック
  • タフホワイト2
  • ブリリアントスポーティブルーメタリック
  • ルナシルバーメタリック
  • プレミアムピンクパール
  • プレミアムホワイトパール2
  • ガーデングリーンメタリック
  • プレミアムイエローパール2
  • プレミアムベルベットパープルパール
  • シャイニンググレーメタリック

 

 

 

 

 

スタイルCOOL

 

価格帯 156〜179万円

 

クロールメッキのグリルやロールーフ、テールゲートスポイラーなどを

 

 

 

スタイルFUN

 

価格帯 156〜179万円

 

 

 

 

G/L

 

価格帯 126万〜145万円

 

 

                                   

 

 

【N-VAN 主要諸元表】

  Gホンダセンシング スタイルFUN

ホンダセンシング

スタイルCOOLターボ

ホンダセンシング

乗車定員

4人

駆動方式

FF/4WD

トランスミッション

CVT

全長×全幅

3,395×1,475×1,945

ホイールベース

2,520mm

最低地上高

155mm

車両重量

940kg

960kg

970kg

最小回転半径

4.6m

エンジン種類

直DOHC

直3DOHCターボ

排気量

658cc

最大出力

53ps

64ps

JC08モード

23.8km/L

23.6km/L

使用燃料

レギュラー

サスペンション

車軸式

ブレーキ

ディスク・リーディングトレーリング

タイヤサイズ

145/80R12

 

 

 

 

 

素朴な疑問です
N-VANは乗用車として乗れますか?

 

商用車は1年車検というイメージがありますが、軽商用車は初回を含めて2年ごとなので、最初の1年分以外は車検代は案外気にしなくても良いレベル。

 

ただ、荷物を載せることを最重視しているので、遮音性・振動低減は二の次になっていて運転席は簡易的な構造。

 

つまり、人を乗せる家族のクルマには向いていません。